面白い番組が減ってテレビを見なくなった。時代はインターネット

子供たちが大きくなり、今まで夫と寝ていた子たちが次々と一人で寝るようになりました。そんなわけで追い出された夫は私と寝ることに。それに伴って部屋割りなども変えていったのですが、どうもテレビの数が足りないのです。

上の子は中学生になり、ゲームをするときに子供たちだけで遊びたいらしく、なるべく人が入っていかなくていい部屋のテレビをゲーム用にして、下の小学生の子には上の子とかぶらないようにもう一つのゲームをつけました。

私の部屋は仕事部屋と寝室を兼ねていたのですが、夫が寝ることになると、眠っている横で照明をつけているわけにもいかず、隣の部屋で仕事をすることにしたのですが、そうすると寝室にテレビを置いていたものを仕事部屋に持ってくると寝室にテレビがない状態になってしまいます。

これまで朝起きるととりあえず時計代わりに目ざましテレビをつけていたのですが、それがなくなりました。朝、テレビを見なくなるとほとんど1日テレビを見ない感じになることに気付いたのです。そーいえば最近見たい番組もありません。

ここ最近は侍ジャパンの野球の試合とサッカー日本代表の試合くらいしかテレビをつけていません。あとはテレビをつけていても録画してある水曜どうでしょうをひたすら繰り返してみるのみです。本当に面白い番組が減りました。

唯一見ている番組と言えば子供と見る鉄腕DASHくらいでしょうか。結構DASH島は好きなのです。以前はとりあえずテレビをつけていたのですが、テレビをつけない生活でも全然成り立っていることに少しびっくりしています。その分PCに向か言う時間が多くなっているような気がします。色々な情報を取り出せるインターネットはテレビより、良くも悪くも選択肢が多いです。